メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

気象庁

警戒レベル運用開始 大雨・洪水5段階で

 気象庁は29日、豪雨で土砂災害や洪水の危険が予想される際、生き残るための行動を5段階表示する「大雨・洪水警戒レベル」の運用を始めた。同庁ホームページなどで公表する防災気象情報に盛り込む。政府は避難指示・避難勧告を発表する市町村にも運用を順次始めるよう求めている。

 逃げ遅れで多数の犠牲者を出した西日本豪雨の反省を踏まえた。5段階表示でリスクの度合いを端的に示し、住民に避難の決断を促す。防災・減災に向け、自分の身は自分で守る「自助」、ひいては地域で助け合う「共助」により重きを置く。

 防災気象情報や国と都道府県が共同で発表する「土砂災害警戒情報」、河川の「氾濫危険情報」などは、住民…

この記事は有料記事です。

残り365文字(全文657文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票を山本太郎票に 静岡県富士宮市選管ミス 市民指摘で判明
  2. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  3. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  4. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  5. 質問なるほドリ 「政党要件」で何ができるの? 交付金や企業寄付受領 メディア露出増えそう=回答・吉井理記

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです