メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミニ論点

NHK常時同時配信 上智大教授(メディア論)音好宏氏/阪南大教授(放送文化論)大野茂氏

新時代へ重要な一歩 上智大教授(メディア論) 音好宏氏

 公共放送がインターネットでサービスを展開するのは世界的な流れだ。各国がネットで世界に向けたコンテンツ(番組)発信を始める中、日本は出遅れていた。NHKの常時同時配信の開始は、新しい時代の放送を考える重要な第一歩だ。

 NHKは組織肥大化への批判を考慮し、ネット事業費用の上限設定やガバナンス強化などの環境整備に努めた。しかし、NHKに求められるのは民業への配慮だけではない。重要なのは視聴者に支持されるサービスを展開することだ。視聴者の納得を得られるよう、おごらず事業を説明することが必要だ。新聞などの他メディアはNHKが視聴者本位の事業をしているか、チェックす…

この記事は有料記事です。

残り462文字(全文770文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 非接触で商品受け取り 「新様式」イオン開業 埼玉・上尾に4日

  2. 独で歩行者に車突っ込み乳児含む5人死亡 飲酒運転の容疑者逮捕

  3. 降灰対策に本腰 富士山大噴火想定 回収方法など検討 山梨・富士吉田市

  4. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

  5. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです