メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

みんなのごみ

賞味期限切れ 購入選択肢に

 <くらしナビ・環境>

 まだ食べられる食品がごみになる「食品ロス」が社会問題化し、24日に食品ロス削減推進法が成立した。飲食や食品の業界全体では対策が急ピッチで進んでいる。一方、大阪市で4月、「賞味期限」を過ぎた商品を販売する店舗がオープンした。「ブランドイメージが傷つく」と、期限切れ商品の販売を敬遠する企業が多いが、食の安全に敏感な消費者に対し「意識改革」の一石を投じている。

この記事は有料記事です。

残り1779文字(全文1969文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」
  5. 宮迫さん契約解消 終息の「落としどころ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです