メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

みんなのごみ

賞味期限切れ 購入選択肢に

 <くらしナビ・環境>

 まだ食べられる食品がごみになる「食品ロス」が社会問題化し、24日に食品ロス削減推進法が成立した。飲食や食品の業界全体では対策が急ピッチで進んでいる。一方、大阪市で4月、「賞味期限」を過ぎた商品を販売する店舗がオープンした。「ブランドイメージが傷つく」と、期限切れ商品の販売を敬遠する企業が多いが、食の安全に敏感な消費者に対し「意識改革」の一石を投じている。

この記事は有料記事です。

残り1779文字(全文1969文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小田急線が脱線 踏切で乗用車と衝突 本厚木-伊勢原間で上下運転見合わせ
  2. 大麻所持 容疑で愛知の少年逮捕 岐阜中署 /岐阜
  3. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報
  4. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  5. 山形・鶴岡の酒蔵、酒瓶1000本以上割れる 新潟震度6強

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです