メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地球温暖化対策

天然ガス有効 日欧の研究チーム発表

 来年始まる地球温暖化対策の国際的な枠組み「パリ協定」の下で気温上昇を抑えるには、過渡的な電源として、石炭から天然ガスへの転換が有効だという分析結果を、国立環境研究所(茨城県つくば市)などの日欧の研究チームが英科学誌ネイチャー・クライメート・チェンジに発表した。

 パリ協定は産業革命前からの気温上昇を2度未満にすることを目指し、できれば1・5度に抑える努力目標を掲げる。世界的には、化石燃料関連事業からの投資撤退の動きが進んでいる。化石燃料では、天然ガスは燃焼に伴う二酸化炭素(CO2)排出量が石炭の半分以下だが、天然ガスの主成分のメタンはCO2より…

この記事は有料記事です。

残り413文字(全文688文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  3. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  4. 参院選 21日に投開票 「改憲勢力」維持は厳しい情勢
  5. 宮田恒男遺作展 没後見つかった絵画50点 “青年”が生きた証し 山口 /山口

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです