メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地球温暖化対策

天然ガス有効 日欧の研究チーム発表

 来年始まる地球温暖化対策の国際的な枠組み「パリ協定」の下で気温上昇を抑えるには、過渡的な電源として、石炭から天然ガスへの転換が有効だという分析結果を、国立環境研究所(茨城県つくば市)などの日欧の研究チームが英科学誌ネイチャー・クライメート・チェンジに発表した。

 パリ協定は産業革命前からの気温上昇を2度未満にすることを目指し、できれば1・5度に抑える努力目標を掲げる。世界的には、化石燃料関連事業からの投資撤退の動きが進んでいる。化石燃料では、天然ガスは燃焼に伴う二酸化炭素(CO2)排出量が石炭の半分以下だが、天然ガスの主成分のメタンはCO2より…

この記事は有料記事です。

残り413文字(全文688文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. ORICON NEWS 優香、志村けんさん追悼 コント番組で長年共演「とてもとても悲しいです」[コメント全文]

  4. 台東区の病院、都内で最大のクラスターに 都「院内感染で拡大、濃厚」

  5. 国内感染、新たに71人 新型コロナ、富山で初確認 志村けんさんら4人死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです