メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊ラグビーW杯

ボランティア「TEAM NO-SIDE」 おもてなしと魅力発信 大会盛り上げ、重要な役割

2015年W杯イングランド大会で試合のプログラムを手に大会をPRするボランティア

 <開幕まであと113日>

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会の組織委員会が、「大会の顔」として重視しているのがボランティアだ。日本大会にはW杯史上最多となる1万3000人が参加する。「TEAM NO-SIDE(チーム・ノーサイド)」と名付けられたボランティアはファンと接する機会が最も多いだけに、ラグビーの魅力を発信する役割も期待されている。【谷口拓未】

 W杯日本大会には、海外から60万人を超える来場者が見込まれており、ボランティアの「おもてなし」により、開催都市や日本の魅力はより伝わりやすくなる。組織委でボランティア戦略を担当する神野幹也さん(32)は「W杯を作る一員としてプライドを持ち、楽しみながら対応してほしい」と期待を込める。

この記事は有料記事です。

残り1388文字(全文1712文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  2. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

  3. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  4. ロンドン市長選候補「東京五輪代替開催の用意」 新型肺炎で中止を想定

  5. ダブルベッド 武田航平×山本ソニアの「同棲生活」6日目 本音トークを経て、最後の夜は…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです