メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲名古屋場所

番付編成会議 4人が十両昇進 琴ノ若、10組目の親子関取に

佐渡ケ嶽親方(右)と琴鎌谷改め琴ノ若

 大相撲名古屋場所(7月7日初日、ドルフィンズアリーナ)の番付編成会議が29日、東京・両国国技館で行われ、琴鎌谷改め琴ノ若(21)=佐渡ケ嶽部屋=ら4人の新十両昇進が決まった。4人の新十両が誕生したのは2014年九州場所以来の多さ。

 琴ノ若の父は師匠の佐渡ケ嶽親方(元関脇・琴ノ若)で史上10組目の親子関取となる。母方の祖父は07年に死去した元横綱・琴桜の先代佐渡ケ嶽親方。

 木崎海(24)=木瀬部屋=は日大出身で、18年春場所に三段目100枚目格付け出しで初土俵。十両・美…

この記事は有料記事です。

残り588文字(全文825文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  2. 参院選 後半情勢・毎日新聞総合調査 改憲、3分の2厳しく 1人区で自民防戦
  3. 「自分のスケート探す」 フィギュア・宇野、今季はメインコーチ不在に
  4. 愛媛・伊方原発 3号機 特重施設の工事分割 四電、規制委に申請 /徳島
  5. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです