テニス

全仏オープン 錦織粘り勝ち 3回戦へ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【パリ浅妻博之】テニスの4大大会第2戦、全仏オープン第4日は29日、パリのローランギャロスで行われ、男子シングルス2回戦で、第7シードの錦織圭(日清食品)がジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)を4-6、6-4、6-4、6-4と逆転で破り、5年連続の3回戦進出を果たした。3回戦では、第31シードのラスロ・ジェレ(セルビア)と対戦する。

 女子ダブルス1回戦は、昨年準優勝した第12シードの穂積絵莉(日本住宅ローン)二宮真琴(橋本総業)組が逆転負けで敗退。男子ダブルス1回戦は、西岡良仁(ミキハウス)リカルダス・ベランキス(リトアニア)組が米国ペアの途中棄権により、2回戦に進んだ。

この記事は有料記事です。

残り1115文字(全文1408文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集