メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラインブレーク

ラグビーW杯日本大会 第3部 隣の芝生から/3 大関復帰・栃ノ心(31)

=真下信幸撮影

母国ジョージアが出場 勝負する気持ち大切

 南半球や欧州の強豪がひしめくラグビー界で、力を付けてきたのが東欧のジョージアだ。同国出身で大相撲名古屋場所での大関復帰を決めた栃ノ心(31)は国内のラグビー事情や大相撲との共通点などを語った。

 「子供の頃から徐々に人気が上がり、今では身近で一般的なスポーツになった。ワールドカップ(W杯)も盛り上がっている」と母国の状況を説明。ジョージア代表はフィジカルの強さが特長だが、自身も角界で評判の怪力の持ち主だ。「ジョージア人には腕力の強い人が多い。生まれ持ったものがあると思う」

 18歳で来日する前は柔道やサンボに打ち込んだが、「練習の一環として雪上でラグビーをやったことがある…

この記事は有料記事です。

残り505文字(全文813文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  5. ORICON NEWS カントリー・ガールズ、活動休止&メンバー卒業へ 山木梨沙は引退 船木結は来年3月活動を休止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです