メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

博多コネクティッド

福岡・博多再開発、課題なお 建設費高騰、高さ制限維持

博多コネクティッドの対象エリア

 九州の玄関口・博多駅周辺の再開発のため、福岡市が29日に概要を明らかにした「博多コネクティッド」。10年間で老朽化した20棟の大規模ビルの建て替えを促し、年間5000億円の経済効果をもくろむが、実現には課題も横たわっている。【久野洋、浅川大樹】

 「企業が集積できるオフィス環境を提供したい」。高島宗一郎・福岡市長は記者会見で力を込めた。新興企業やグローバル企業の誘致に取り組む市にとって障害となっているのがオフィスビルの老朽化だ。大阪や東京では都心に高層ビルの建設が相次ぎ、大手企業の移転が続いた。こうした企業が求めるのは業務効率の高い広いフロアや最新のセキュリティー。だが、福岡にこうし…

この記事は有料記事です。

残り444文字(全文739文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. バンクシー、マスクのネズミも コロナテーマに新作、動画投稿 英地下鉄に

  2. 「佐川さんには私の目を見て話をしてほしい」 近畿財務局職員の妻雅子さん

  3. コロナ対策「アドバイザリーボード」再開 「夜の街」呼称やめ「社交飲食店」に

  4. 首相と菅氏、吉村知事を厚遇「リーダーシップに敬意」 小池氏と対照的

  5. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです