メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「風は気まぐれ」安倍首相、解散風に言及?「今、永田町も大変敏感」とも

経団連の定時総会であいさつする安倍晋三首相=東京都千代田区で2019年5月30日午後2時21分、玉城達郎撮影

 「風というのは気まぐれで、誰かがコントロールできるものではない」。安倍晋三首相は30日、東京都内で開かれた経団連総会であいさつし、4、5両月にトランプ米大統領とゴルフをプレーしたことを紹介する中で、「解散風」に初めて触れた。解散権を持つ首相が自ら解散に言及するのは異例だ。内閣不信任決議案の提出を検討する野党をけん制する狙いもあったとみられる。

 夏の参院選に合わせて首相が衆院を解散する衆参同日選の可能性が取りざたされ、「解散風」に関する与野党幹部の発言が相次いでいる。首相は「風という言葉には、今、永田町も大変敏感」と思わせぶりに語ったが、「マスコミが後ろで聞いているので、風の話はこれ以上はやめたい」と述べて、会場の笑いを誘った。

この記事は有料記事です。

残り410文字(全文728文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  2. ソフトバンク本拠地が「ペイペイドーム」に看板掛け替え

  3. どうやって予防するの?妊娠している人への影響は?…新型肺炎、その心構え

  4. 奥行き80cmの乾燥機ドラム内に入る…壊した容疑で男3人逮捕 滋賀・コインランドリー

  5. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです