自民党が山本一太氏推薦を決定、参院選と「セット戦略」 遅れる野党の対応 群馬県知事選

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
自民党本部への推薦申請が決まった後、記者団の取材に応じる山本一太参院議員=前橋市の県連で、2019年5月27日8時27分、西銘研志郎撮影
自民党本部への推薦申請が決まった後、記者団の取材に応じる山本一太参院議員=前橋市の県連で、2019年5月27日8時27分、西銘研志郎撮影

 大沢正明群馬県知事の任期満了に伴う7月の知事選で、自民党本部は30日、立候補を表明している山本一太参院議員(61)の推薦を決定した。これにより自民は、同日実施見込みの参院選に出馬予定の元県議、清水真人氏(44)と山本氏との「セット」で7月の選挙に臨む態勢を確立させたことになる。対する野党陣営は、参院選では候補者一本化を決めたが、知事選対応は各党ばらついたままで、戦略上厳しい展開が予想される。【西銘研志郎、妹尾直道】

この記事は有料記事です。

残り889文字(全文1099文字)

あわせて読みたい