丸山氏、酔って卑わいな発言を繰り返す 同行職員から事情聴取 

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
衆院議院運営委員会理事会で丸山穂高議員の問題などについて協議に臨む与野党の議員たち=国会内で2019年5月30日午前11時、川田雅浩撮影
衆院議院運営委員会理事会で丸山穂高議員の問題などについて協議に臨む与野党の議員たち=国会内で2019年5月30日午前11時、川田雅浩撮影

 北方領土を戦争で奪還する趣旨の発言などをした丸山穂高衆院議員(35)=大阪19区=を巡り、衆院議院運営委員会は30日の理事会で、北方四島ビザなし交流に職員を派遣した内閣府、外務省から事情を聴いた。政府側は「丸山氏はコニャックを10杯以上飲んだ」と説明し、酔って卑わいな発言を繰り返したと報告した。他の同行者ともみ合いになった際には「国会会期中は不逮捕特権で逮捕されない」とも述べたという。

 交流事業は5月10~13日に国後島で行われた。丸山氏は衆院沖縄・北方問題特別委員会の推薦を受け、事業に参加していた。

この記事は有料記事です。

残り467文字(全文721文字)

あわせて読みたい

注目の特集