毎日新聞GHD、毎日映画社など統合 映像コンテンツ事業を強化

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 毎日新聞グループホールディングス(GHD)は30日、映像コンテンツ事業を強化するため、天皇ご一家のご動静を伝える長寿テレビ番組「皇室アルバム」などを手がける「毎日映画社」(東京)を完全子会社化すると発表した。併せて、NHKのドキュメンタリー番組「アスリートの魂」などを制作してきた「スポニチクリエイツ」(同)を毎日映画社の完全子会社とする。いずれも31日付。

 毎日映画社は毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社、東日印刷、高速オフセットに続く、毎日GHDの5番目の「柱」となる。直下にスポニチクリエイツを統合。二つの映像・番組制作会社が持つ映像アーカイブなど、既存のコンテンツを活用するだけでなく、毎日新聞社やスポーツニッポン新聞社が持つ動画、写真、記事なども絡めた事業を創出する。知的財産分野の事業も拡充するほか、インターネット検索、交流サイトなどを運営するプ…

この記事は有料記事です。

残り126文字(全文506文字)

あわせて読みたい

注目の特集