メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ユダヤ教系と極右政党の間で揺れるイスラエル 連立協議失敗で今秋再び総選挙へ

国会内で腰掛け、険しい表情を浮かべるイスラエルのネタニヤフ首相=エルサレムで5月30日、ロイター

 イスラエル国会(定数120)は30日未明、賛成多数で国会を解散し、9月17日に総選挙を再度実施することを決めた。4月の総選挙でネタニヤフ首相が率いる「リクード」など右派政党が過半数を占めたが、ネタニヤフ氏は期限の29日までに右派勢力をまとめられず連立政権の樹立に失敗した。新政権の発足は、総選挙後の今秋後半になる見通しだ。【エルサレム高橋宗男】

 総選挙の再実施は、1948年のイスラエル建国以来、初めて。

この記事は有料記事です。

残り1240文字(全文1443文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佳子さまオーストリア訪問 大統領を表敬

  2. 「助けて…」用水路で流される80代女性救助 女子高生に感謝状 愛媛・新居浜

  3. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  4. 通電火災? 千葉で相次ぐ 停電中はブレーカーを落として

  5. 大坂なおみ選手「次は私に話してほしい」 日清アニメPR動画削除

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです