メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

習近平氏5日から訪露 プーチン氏と共闘確認へ 中国高官は「経済テロ」と米批判

習近平中国国家主席=AP

 【北京・河津啓介】中国の習近平国家主席は6月5~7日、ロシアを公式訪問する。米中の貿易戦争が深刻さを増す中、プーチン露大統領との会談で緊密な関係を確認し、両国の立場が近い北朝鮮やイラン、ベネズエラなどの問題でも対米共闘を打ち出すとみられる。中国の張漢暉(ちょうかんき)外務次官は30日、訪露に関する記者会見で、米国の行為を「経済テロ」と非難した。

 張氏は会見で、米国に対し「故意に貿易の紛争をあおっており、むき出しの経済的なテロリズム、排外主義、いじめだ。貿易戦争に勝者はなく、共倒れになるだけだ」と述べた。「この問題で、中露は共通の認識と利益がある」とも述べ、ロシアと経済や安全保障面で連携を深める姿勢を示した。

この記事は有料記事です。

残り274文字(全文582文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 経済悪化で待ち切れなかった首相の緊急事態解除 経済回復手探り、第2波の懸念

  5. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです