メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インドのモディ首相、2期目スタート 南アジアで存在感高め

インドのモディ首相=AP

 【ニューデリー松井聡】インド総選挙で圧勝したインド人民党(BJP)のモディ首相(68)の2期目が30日、スタートした。この日の就任式にはスリランカのシリセナ大統領をはじめ、ネパールやバングラデシュなど近隣国を中心にゲストが招かれた。初外遊はインド洋の島国モルディブになるとの報道もあり、経済圏構想「一帯一路」で影響力を強める中国を念頭に、南アジアでの存在感を高めていく狙いとみられる。

 モディ政権は1期目同様、近隣国を重視し、安全保障での日米との連携も強化する見通し。ただ経済面では中国との関係強化も重要だ。印シンクタンクORFのラジャゴパラン氏は「警戒しつつも関係を強化するという難しい対応を取らざるを得ない」と指摘する。

この記事は有料記事です。

残り492文字(全文805文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. 全長18.5メートルの巨大クジラ漂着 死因不明 福井・美浜町の海岸

  4. Social Good Opinion 廃棄される花にもう一度命を

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです