メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「ハリポタGO」声は映画吹き替え版の小野賢章さんら

8年ぶりにハリーの日本語吹き替えを担当する声優の小野賢章さん=ホフマンジャパン提供

 米WBゲームス社と米ナイアンティック社は30日、年内の配信開始を予定しているスマートフォン向けゲーム「ハリー・ポッター:魔法同盟」に日本語の音声を搭載すると発表した。日本語版の声優は、主人公のハリーを小野賢章さん、親友のロンを常盤祐貴さん、ハーマイオニーを須藤祐実さんと、映画シリーズの日本語吹き替えと同じ声優陣が担当するという。

 「魔法同盟」は、「イングレス」や「ポケモンGO」といった位置情報を用いた人気ゲームを開発したナイアンティックが、英国人作家J・K・ローリングさんの世界的ベストセラー「ハリー・ポッター」シリーズの映画を製作したワーナーブラザースの傘下のゲーム会社と提携して開発中。一昨年秋に開発を始めることが発表されると、SNSなどで「ハリポタGO」と話題になった。

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文620文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見る探る 赤旗はなぜ桜を見る会をスクープできたのか 見逃し続けた自戒を込めて、編集長に聞いてみた

  2. 広島の山林遺体 男女3人を強殺容疑で再逮捕へ 金銭トラブルか 大阪府警

  3. 「桜」前夜祭 安倍氏周辺、補塡認める 「前首相には伝えず」 収支報告不記載

  4. 新型コロナ 「GoTo」 札幌・大阪市へ3週間停止 政府、解約料肩代わり

  5. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです