メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学

はやぶさ2、着陸目印「ターゲットマーカー」投下

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は30日、探査機「はやぶさ2」が小惑星リュウグウへ、着陸する際の目印となる「ターゲットマーカー」を分離、狙った領域に着地したとみられると発表した。ターゲットマーカーを投下するのは、昨年10月に続いて2回目。今月中旬に実施した降下運用は途中で中止となったが、今回は計画通りに成功した。はやぶさ2は、4月に作った人工クレーター付近への着陸を目指している。

 はやぶさ2は今月16日、次の着陸に向けてクレーター付近の表面状況を詳細に観測し、ターゲットマーカーを落とすため、リュウグウの高度10メートル付近へ向かって降下した。しかし、リュウグウまでの距離を計測する高度計が異常値を示し、高度約50メートルで降下を中止した。高度計の設定を調整して、この日の運用に臨んだ。今回は、クレーターのすぐ北側を目指して高度を下げ、計画通りに高度10メートル付近まで降下し、上昇した。分離されたターゲットマーカーが落下する様子の撮影に成功し、狙っていた領域に向けて投下できたことが確認された。

 ターゲットマーカーは10センチほどの球状で、反射フィルムで包まれている。リュウグウ表面に着地したターゲットマーカーは、はやぶさ2が上空からフラッシュをたくと反射して光り、はやぶさ2を誘導する「灯台」のような役割を担う。中には、国内外の約18万人の名前を刻んだアルミシートが入っている。

 4月に作った人工クレーターは直径10メートルを超え、衝突によって噴出したリュウグウの地下の物質が周辺にも広く積もったとみられている。地下の物質は、太陽光や宇宙線の影響を受けていないため、採取できれば小惑星ができたころの状況を知るために貴重な試料になるとみられる。はやぶさ2は、今回の降下によってクレーター周辺の地形を詳細に観測し、着陸が可能な場所を選ぶ予定だ。【永山悦子】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」
  2. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  3. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  4. トヨタ「シエンタ」13万台リコール アクアなど6車種も エンジン防水不備で
  5. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです