メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪・パラに備え、エボラ出血熱などの病原体輸入へ 国立感染症研究所

エボラウイルスの電子顕微鏡写真=米疾病対策センター提供

 国立感染症研究所は30日、エボラ出血熱など危険性が特に高い感染症の発生に備えるため、海外の研究機関から5種類の病気の原因ウイルスを輸入するのに必要な手続きを進めることを決めた。この日、感染研村山庁舎(東京都武蔵村山市)で開かれた地元住民らで作る施設運営連絡協議会で表明した。2020年東京五輪・パラリンピックに備え、今夏にも輸入し、村山庁舎で保管する。

 輸入するのは、感染症法で最も危険性が高い「1類」に指定された、エボラ出血熱▽クリミア・コンゴ出血熱▽南米出血熱▽マールブルグ病▽ラッサ熱――の五つの感染症の病原体。これらの病原体は同法で原則所持、輸入が禁止されているが、バイオセーフティーレベル(BSL)4施設では保管できる。BSL4施設には、国内では村山庁舎だけが指定されている。

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文592文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソウル市長、遺体で発見 「遺言」残し失踪 元秘書がセクハラ訴え

  2. 絶滅していなかった? ニホンカモシカ、愛媛で50年ぶり確認

  3. あぶり出された若年層感染 中高年へ「感染及ぶ兆し」 東京最多224人

  4. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  5. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです