メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪・パラに備え、エボラ出血熱などの病原体輸入へ 国立感染症研究所

エボラウイルスの電子顕微鏡写真=米疾病対策センター提供

 国立感染症研究所は30日、エボラ出血熱など危険性が特に高い感染症の発生に備えるため、海外の研究機関から5種類の病気の原因ウイルスを輸入するのに必要な手続きを進めることを決めた。この日、感染研村山庁舎(東京都武蔵村山市)で開かれた地元住民らで作る施設運営連絡協議会で表明した。2020年東京五輪・パラリンピックに備え、今夏にも輸入し、村山庁舎で保管する。

 輸入するのは、感染症法で最も危険性が高い「1類」に指定された、エボラ出血熱▽クリミア・コンゴ出血熱…

この記事は有料記事です。

残り365文字(全文592文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ビートたけし、吉本興業を痛烈批判「だったら雇うなよ。最低保証くらいしろよ」
  2. ORICON NEWS 金子ノブアキ、RIZEメンバー2人の逮捕を謝罪「更生を願う」 金子賢輔容疑者は実弟
  3. あなたの参院選 なぜ8時に当選確実が出るの? テレビ選挙報道の舞台裏
  4. 参院選、投票率前回下回る 22日未明に大勢判明
  5. 米ニューヨークで一時大規模停電 ミュージカルも中止に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです