特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

巨大操り人形「モッコ」発表 東京五輪・パラの公式文化プログラムに登場

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は29日、来年の大会前に行う「東北復興」をテーマにした公式文化プログラムに登場する巨大操り人形「モッコ」のデザインを発表した。高さ10メートル以上の巨大人形の10分の1の模型を披露。人形は来年5~6月、岩手、宮城、福島3県を巡り、被災地の人々のメッセージを預かりながら、東京を目指す。

 モッコは、お調子者、いたずらっ子などを意味する宮城の方言「おだづもっこ」から、県出身の脚本家、宮藤官九郎さんが命名した。昨年12月から、被災3県の特別支援学校や小学生らがイメージ画を創作。これを元に山形県出身の絵本作家、荒井良二さんがデザイン化し、チェコ在住の人形作家、沢則行さんが立体デザインした。6月から長野県高森町で制作が始まる。

この記事は有料記事です。

残り380文字(全文714文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集