メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

世界最南端都市、チリのプエルト・ウィリアムズに変更

 5月29日、南米大陸の南端にある集落プエルト・ウィリアムズ(写真)がチリ当局の決定で市に格上げされ、アルゼンチンのウシュアイアに代わって世界最南端都市となった。写真は16日撮影(2019年 ロイター/Jorge Vega)

[PR]

 [サンティアゴ 29日 ロイター] - 南米大陸の南端にある集落プエルト・ウィリアムズがチリ当局の決定で市に格上げされ、アルゼンチンのウシュアイアに代わって世界最南端都市となった。

 地元観光協会の代表は「(都市への格上げは)より多くの観光客を誘致する大きな助けになる」と歓迎した。

 一方、観光客を魅了している静けさが訪問者の増加で脅かされるのではないかと危惧する声もある。近隣地区の副代表は、「私たちは静穏や、ドアにカギをかけずに家を出ること、車にキーを置いて離れることに慣れている。こうした平和も失われるのではないかと心配」と語った。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相、学校再開は見直す可能性 経済対策「かつてない規模」、給付金創設

  2. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  5. 千葉・東庄の障害者施設 58人の集団感染 利用者26人、職員32人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです