メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

ポーランドで牛の群れが殺処分を回避、救済求める国民の声で

 5月29日、ポーランド西部Deszczno地域の180頭の牛の群れ(写真)について、動物愛護団体など全国から殺処分でなく救済を求める声が上がり、ぎりぎりで処分が回避される運びとなった。同地域近郊で26日撮影。提供写真(2019年 ロイター/Agencja Gazeta)

[PR]

 [ワルシャワ 29日 ロイター] - ポーランド西部のDeszczno地域で長年にわたり放し飼いされている180頭の牛の群れについて、動物愛護団体など全国から殺処分でなく救済を求める声が上がり、ぎりぎりで処分が回避される運びとなった。

 獣医担当当局者は今月、この群れが健康と安全の面で危険と宣言。動物愛護活動家らは、より人道的な解決の可能性があるのに殺処分命令は非道と反発していた。

 国営通信PAPによると、アルダノフスキ農業・農村開発相は29日、「Deszczno地域の牛たちは、殺処分とならない。代わりに、国営農場で隔離される」と述べた。

 殺処分の「執行猶予」が決まる前、ドゥダ大統領も「ハッピーな解決法」を呼びかけて処分の回避を支持。ツイッターに、「欧州連合(EU)の規則では殺処分が求められているが、(解決法)が見つかると確信している」と投稿していた。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アイリスオーヤマ、国内でマスク生産 月6000万枚供給へ

  2. 西村担当相は否定 ネットで緊急事態宣言「記者に漏らした」情報 法的措置も検討

  3. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  4. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  5. 東京都で新たに78人感染 1日当たり最多 永寿総合病院で14人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです