メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

続・西谷流地球の歩き方

解放されども「いまだ闇の中」

マヘールさん=西谷文和さん提供

 北イラクのクルド人地域の女性保護施設に入所している27人は全てヤジディー教徒。その中でただ一人、私のカメラの前で壮絶な体験を語ってくれた女性がいた。

 ラズ・マヘールさん(22)は、イラクとシリア国境の町シンジャルに住んでいた。2014年8月3日、「イスラム国(IS)」がやってきた。一家全員が捕まり、父と男兄弟はいまだに行方不明。17歳のマヘールさんはレイプされ、IS支配地域のモスル郊外に連れて行かれた。そこで49歳の兵士と結婚させられた。その後、夫は米軍の空爆で殺された。

 するとIS幹部がやってきて、2番目の夫と結婚するよう命令された。39歳のアラブ人だった。性奴隷とし…

この記事は有料記事です。

残り346文字(全文635文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  2. 元パラ選手マリーケ・フェルフートさん安楽死 ロンドン、リオで金含む複数メダル

  3. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  4. ORICON NEWS 道端アンジェリカ、夫の逮捕で「夫婦の形が少しずつ変わってきています」

  5. 34年目の真実 松橋事件/中 子の人生も狂わせ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです