メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松本城

太鼓門、耐震性能不足 市教委、注意呼び掛け /長野

耐震診断の結果、強度不足が判明した松本城の太鼓門=長野県松本市で

 松本城(松本市)の東側に位置する「太鼓(たいこ)門」について、同市教育委員会が耐震診断を行った結果、震度6強から7の大地震に対する耐震性能が不足していることが分かった。観光客や市民が多く通行するため、市教委は29日から注意を呼び掛ける看板を門の前に置いた。

 松本城天守の耐震診断も2014~16年度に行っており、天守や乾小天守が震度6強以上の地震で倒壊する危険性があることが分かっている。乾小天守は非公開になっている。

 市教委は、18年度には太鼓門と黒門(本丸正門)の耐震診断を実施。いずれも大地震に対する強度が不足していると判定された。特に太鼓門は耐震性が低く、大地震の揺れで建物が大きく変形する恐れがあると分かった。

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文565文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 関東平野部も大雪の恐れ 「不要不急の外出控えて」 国交省緊急発表

  4. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです