企画展

籠神社の至宝公開 銅鏡や経塚など 来月9日まで宮津 /京都

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
籠神社展の展示品を鑑賞する来場者=京都府宮津市国分の府立丹後郷土資料館で、安部拓輝撮影
籠神社展の展示品を鑑賞する来場者=京都府宮津市国分の府立丹後郷土資料館で、安部拓輝撮影

 宮津市国分の府立丹後郷土資料館で春の企画展「籠神社の至宝と丹後府中」が開かれている。籠神社が現在の地にうつった年から今年で1300年を迎えるのを記念した企画。約2000年前に中国からもたらされたとされる銅鏡や国宝の海部氏系図、重要文化財の経塚などを一挙に紹介している。6月9日まで。

 籠神社と奥宮の真名井神社で出土した経塚の年代は鎌倉時代。当…

この記事は有料記事です。

残り258文字(全文430文字)

あわせて読みたい

注目の特集