メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊 救済法の一時金、県内初請求 70代女性に /宮崎

 旧優生保護法(1948~96年)下の強制不妊手術問題で、宮崎県は29日、救済法に基づく一時金請求を1件受け付けたと発表した。同県内では初の請求で、県内の70代女性から郵送で届いた。熊本県は27日以降に1件、鹿児島県は26日までに1件を受け付けた。

 救済法では、自治体に記録が残っていれば厚生労働省の…

この記事は有料記事です。

残り160文字(全文310文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 前回4強すべて初戦敗退 ヤマハ投手陣、日立製作所封じる 都市対抗野球

  2. ピンクマスクでいじめNO 名張高生が学校祭で配布し呼びかけ 三重

  3. トランプ氏「ホワイトハウスを去る」 バイデン氏の当選確定したら 負けは認めず

  4. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

  5. 東京都内で570人の感染確認 過去最多を更新 重症者1人増え61人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです