メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

優生社会を問う

見捨てられる命/下 障害新生児、治療拒む 両親「なかったことにしてほしい」

国内の低出生体重児 出生割合

 「障害児は育てられない」--。予後の改善が期待できるのに、生まれたばかりの障害児の治療を拒もうとする親がいる。育てる自信がなかったり、置かれた状況を理解できていなかったりするためだが、もの言えぬ障害児の生きる権利を守るにはどうすべきか。孤立しがちな親への支援など、社会のあり方がいま問われている。【上東麻子】

 顔がうっ血し、ぐったりした男の子が気管挿管され、浜松市の浜松医大付属病院に救急搬送されてきた。足には異常も。「なかったことにしてほしい」。母親がつぶやいたこの言葉が、主治医の大石彰医師はいまも忘れられない。

この記事は有料記事です。

残り2725文字(全文2984文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  2. 岩手県立病院の女性臨時職員がマスク無断で持ち出しフリマアプリで転売 二戸

  3. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  4. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

  5. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです