特集

優生社会を問う

「優生」は終わっていない――。障害者や性的少数者などへの差別は今も続いています。あらゆる生を肯定する社会への道筋を探ります。

特集一覧

優生社会を問う

見捨てられる命/下 障害新生児、治療拒む 両親「なかったことにしてほしい」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
国内の低出生体重児 出生割合
国内の低出生体重児 出生割合

 「障害児は育てられない」--。予後の改善が期待できるのに、生まれたばかりの障害児の治療を拒もうとする親がいる。育てる自信がなかったり、置かれた状況を理解できていなかったりするためだが、もの言えぬ障害児の生きる権利を守るにはどうすべきか。孤立しがちな親への支援など、社会のあり方がいま問われている。【上東麻子】

 顔がうっ血し、ぐったりした男の子が気管挿管され、浜松市の浜松医大付属病院に救急搬送されてきた。足には異常も。「なかったことにしてほしい」。母親がつぶやいたこの言葉が、主治医の大石彰医師はいまも忘れられない。

この記事は有料記事です。

残り2725文字(全文2984文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集