メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

イラン、友好の伏流水=西川恵

 <kin-gon>

 安倍晋三首相のイラン訪問で、日・イラン両政府は最終調整を行っている。実現すれば、これまで伏流水のように続いてきた両国の友好関係のたまものである。

 戦後の両国の友好の歴史でまず挙がるのが日章丸事件だ。1953年、出光興産は日章丸をイランに送り、石油を満載して日本に戻った。イランは石油国有化を断行し、国際石油資本からボイコットされていた時で、この包囲網を破った日章丸はイランの親日感情を高揚させた。

 政府レベルの接近はイラン・イラク戦争さなかの82年初め。当時、対イラン外交を担った元駐伊大使の英正…

この記事は有料記事です。

残り766文字(全文1025文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  2. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  3. 災害時…電気、ガス、水がなくてもポリ袋で簡単調理

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 旧日本軍空母「加賀」発見 ミッドウェー環礁の海底5400m

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです