メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ

性暴力事件、相次ぐ無罪判決 「抵抗不能」立証が壁

3月に各地で出された性暴力事件への無罪判決

 性暴力事件の無罪判決が3月に4地裁で相次ぎ、東京・大阪・福岡の3都市で今月11日、性被害の実態を訴えるデモがあった。4件の判決中3件は女性の意に反する性行為があったと認めながら、女性の心理状態や男性側の認識に関する判断から、罪の成立を否定した。2017年に刑法の性犯罪規定は大幅改正されたが、被害者らが法相や最高裁長官に要望書を出すなど再度の見直しを求める動きもある。

 東京駅前で11日にあった「フラワーデモ」で、性被害の当事者団体「Spring(スプリング)」代表理事の山本潤さんは4輪の花を手に訴えた。「4人の女性を思って持ってきた。私たちは彼女たちとともにある」。4人とは無罪判決が出た4件の被害者だ。

この記事は有料記事です。

残り3374文字(全文3679文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 横浜・野毛の象徴 樹木希林さん実家の居酒屋「叶家」が27日に閉店

  2. ORICON NEWS 渡部建のラジオ『GOLD RUSH』8年の歴史に幕 現役大学生・長谷川ミラの新番組スタート

  3. 自民・杉田議員「女性はいくらでもうそ」 性犯罪に関し党会議で発言 記者団には否定

  4. 仏シャルリーエブド旧本社前で2人刺され1人重傷 15年のテロ事件現場

  5. ファーウェイ大型施設で大規模火災 中国・広東省 スマホ事業への影響懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです