メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

認知症の治療薬は? 原因未解明で開発苦戦 進行遅らせる効果のみ=回答・熊谷豪

認知症薬「アリセプト」=エーザイのホームページより

 なるほドリ 政府が認知症(にんちしょう)の人を減らす数値目標を公表したね。いい薬ができたの?

 記者 70代人口に占(し)める認知症の人の割合を6年で6%減らすもので、発症(はっしょう)を遅らせるという取り組みです。ただ、認知症の予防法や治療法(ちりょうほう)は十分には確立していません。

 Q 今は治療薬はないの?

 A 国内では、1999年にエーザイが発売したアリセプトが最初の認知症治療薬です。今は、これを含めて4種類について、国が効能や安全性を認めています。ただ、いずれも認知症そのものを治すわけではなく、進行を遅らせる薬です。その後の新薬開発は「連戦連敗」が続いています。エーザイなどが、根本治療につながると期待して開発に取り組んでいた新薬の一つは、今年3月、患者さんに投与(とうよ)して効果を確かめる臨床試…

この記事は有料記事です。

残り441文字(全文798文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」偽フィギュア1500個、販売目的で所持の疑い 会社員を逮捕 山口県警

  2. 大阪で新たに326人感染 死者は12人で1日当たり過去最多 新型コロナ

  3. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  4. コロナで変わる世界 <仕事編②>希望退職「35歳以上」 日本型雇用に見直しの波

  5. 大阪市北区、中央区で時短要請 対象2万5000店 15日間応じた店に協力金

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです