連載

なるほドリ

ニュースの背景や素朴な疑問を「なるほドリ」が質問。担当記者がQ&Aでわかりやすく答えます。

連載一覧

なるほドリ

認知症の治療薬は? 原因未解明で開発苦戦 進行遅らせる効果のみ=回答・熊谷豪

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
認知症薬「アリセプト」=エーザイのホームページより
認知症薬「アリセプト」=エーザイのホームページより

 なるほドリ 政府が認知症(にんちしょう)の人を減らす数値目標を公表したね。いい薬ができたの?

 記者 70代人口に占(し)める認知症の人の割合を6年で6%減らすもので、発症(はっしょう)を遅らせるという取り組みです。ただ、認知症の予防法や治療法(ちりょうほう)は十分には確立していません。

 Q 今は治療薬はないの?

 A 国内では、1999年にエーザイが発売したアリセプトが最初の認知症治療薬です。今は、これを含めて4種類について、国が効能や安全性を認めています。ただ、いずれも認知症そのものを治すわけではなく、進行を遅らせる薬です。その後の新薬開発は「連戦連敗」が続いています。エーザイなどが、根本治療につながると期待して開発に取り組んでいた新薬の一つは、今年3月、患者さんに投与(とうよ)して効果を確かめる臨床試…

この記事は有料記事です。

残り441文字(全文798文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集