メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

副業・兼業は広がるか

 サラリーマンがスキルを高めたり収入を増やしたりする目的で、勤務時間外に本業以外の仕事に従事する「副業・兼業」。政府が普及・促進の方針を打ち出して2年以上が経過し、「禁止」が当たり前だった就業規則を見直して「解禁」する企業も出てきた。新しい働き方は広がるのか。現状と課題を探った。

普及には制度改革が必要 萩原牧子 リクルートワークス研究所調査設計・解析センター長

 2018年1月に厚生労働省がモデル就業規則を改定し、勤務時間外の副業は原則自由であることを周知した…

この記事は有料記事です。

残り4286文字(全文4517文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小田急線が脱線 踏切で乗用車と衝突 本厚木-伊勢原間で上下運転見合わせ
  2. 大麻所持 容疑で愛知の少年逮捕 岐阜中署 /岐阜
  3. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報
  4. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  5. 山形・鶴岡の酒蔵、酒瓶1000本以上割れる 新潟震度6強

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです