メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

副業・兼業は広がるか

 サラリーマンがスキルを高めたり収入を増やしたりする目的で、勤務時間外に本業以外の仕事に従事する「副業・兼業」。政府が普及・促進の方針を打ち出して2年以上が経過し、「禁止」が当たり前だった就業規則を見直して「解禁」する企業も出てきた。新しい働き方は広がるのか。現状と課題を探った。

普及には制度改革が必要 萩原牧子 リクルートワークス研究所調査設計・解析センター長

 2018年1月に厚生労働省がモデル就業規則を改定し、勤務時間外の副業は原則自由であることを周知した…

この記事は有料記事です。

残り4286文字(全文4517文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  2. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  3. なるほドリ ICOCAを使える範囲が広がるんだって? /和歌山

  4. 北朝鮮密輸船 寄港百回超、日本各地に 韓国は禁止、国連制裁逃れに利用の恐れ

  5. だんじり客に車突っ込み 酒気帯びで男逮捕 大阪・千早赤阪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです