メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

民間ロケット成功 衛星打ち上げへ息長い支援を=土谷純一(北海道報道部)

発射台から打ち上げられた小型ロケット「MOMO3号機」=北海道大樹町で2019年5月4日午前5時45分、貝塚太一撮影(リモートカメラ使用)

 北海道大樹町の宇宙ベンチャー・インターステラテクノロジズ(IST)は4日早朝、小型観測ロケット「MOMO3号機」を打ち上げ、高度100キロに到達させた。私は現地で、約4キロ先にうっすらと見える全長10メートルのロケットがゆっくりと地上を離れ、少しずつ速度を上げて、青空に吸い込まれるように天高く飛んでいくのをこの目で見た。日本で初めて民間単独開発のロケットが宇宙空間に到達した瞬間だった。

 私は、北海道は日本の宇宙ビジネスを先導していく可能性を秘めていると考える。それは、民間初の偉業を成し遂げたIST社の存在とともに、道が早くから宇宙産業による地域構想を掲げ、ロケット打ち上げに必要な条件も兼ね備えているからだ。

この記事は有料記事です。

残り1716文字(全文2024文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  3. 「アベノマスク」事業費約260億円 配布は37%どまり 菅官房長官表明

  4. 「桜を見る会」招待者内訳の調査記録作成せず 菅氏「対象者少数だったので」

  5. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです