メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

天安門事件

30年 中国、遠のく記憶 香港、統制を強化

学生らを弾圧する戦車に男性が立ちはだかる様子を巨大な風船で再現した作品=台北市の中正記念堂で2019年5月22日、福岡静哉撮影

 30年前の1989年6月4日、中国人民解放軍の発砲により多数の学生らが死傷した天安門事件が起きた。中国で事件が語られることはほとんどなく、民主化運動の軸足も香港から台湾に移りつつある。惨事から30年を経て、真相解明を求める動きも微妙な変化を見せている。【台北・福岡静哉、北京・河津啓介、ロサンゼルス福永方人、ベルリン念佛明奈】

この記事は有料記事です。

残り3671文字(全文3835文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  2. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  3. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  4. テレ東・大江麻理子キャスターらマスク着用 「緊急事態宣言受け決断」

  5. 四国トピックス 「眼鏡曇らないマスク」 徳島の2店がコラボし開発 通気性抜群「接客業にぜひ」 /徳島

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです