メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

天安門事件

30年 中国、遠のく記憶 香港、統制を強化

学生らを弾圧する戦車に男性が立ちはだかる様子を巨大な風船で再現した作品=台北市の中正記念堂で2019年5月22日、福岡静哉撮影

 30年前の1989年6月4日、中国人民解放軍の発砲により多数の学生らが死傷した天安門事件が起きた。中国で事件が語られることはほとんどなく、民主化運動の軸足も香港から台湾に移りつつある。惨事から30年を経て、真相解明を求める動きも微妙な変化を見せている。【台北・福岡静哉、北京・河津啓介、ロサンゼルス福永方人、ベルリン念佛明奈】

この記事は有料記事です。

残り3671文字(全文3835文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック開催判断「期限は5月下旬」IOC委員 新型コロナ感染拡大で

  2. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  3. 新型コロナの影響で旅館が経営破綻 愛知の「冨士見荘」が破産申請 キャンセル相次ぐ

  4. 新型コロナ対応「先手先手だと思いますよ。しっかりやっている」 菅官房長官会見詳報

  5. 強い感染力、基礎疾患で重症化…新型コロナの「非常にやっかい」な特性 政府の課題は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです