メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

天安門事件

30年 中国、遠のく記憶 香港、統制を強化

学生らを弾圧する戦車に男性が立ちはだかる様子を巨大な風船で再現した作品=台北市の中正記念堂で2019年5月22日、福岡静哉撮影

 30年前の1989年6月4日、中国人民解放軍の発砲により多数の学生らが死傷した天安門事件が起きた。中国で事件が語られることはほとんどなく、民主化運動の軸足も香港から台湾に移りつつある。惨事から30年を経て、真相解明を求める動きも微妙な変化を見せている。【台北・福岡静哉、北京・河津啓介、ロサンゼルス福永方人、ベルリン念佛明奈】

この記事は有料記事です。

残り3671文字(全文3835文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  4. 子育て親子 かわいい服、どこが危ない?

  5. 京アニ寄付、義援金として被害者・遺族へ配分 寄付の税制優遇も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです