メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米大統領選

ロシア疑惑 民主「弾劾」再び モラー氏、潔白明言せず

 【ワシントン高本耕太】ロシアによる米大統領選への介入とトランプ陣営との癒着疑惑で、モラー特別検察官は29日、任命以降初めて記者会見を開き、捜査終結と自らの辞職を表明した。トランプ大統領による司法妨害疑惑について「罪を犯していないと確信すれば、そう(捜査報告書に)記述した」と潔白を明言しなかったことで、野党・民主党内には大統領の弾劾を求める声が再燃している。

 民主党のペロシ下院議長は声明で「モラー氏の捜査は、議会と司法の場における調査の材料になる」と述べ、…

この記事は有料記事です。

残り592文字(全文822文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風上陸翌日、自転車飲酒運転で警察から聴取→報告せず豪州出張 埼玉県の部長更迭

  2. 天皇陛下、宮中三殿に拝礼 即位の礼を行うことを祖先に報告

  3. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  4. 皇居近くの首都高でトレーラー炎上

  5. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです