メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アマゾン

ライフと通販協業 生鮮食品「最短2時間」 年内にも都内一部で

アマゾン茨木FC(フルフィルメントセンター)での棚入れ作業=大阪府茨木市で2019年4月4日、梅田麻衣子撮影

 インターネット通販大手のアマゾンジャパンは30日、食品スーパー大手のライフコーポレーションと生鮮食品のネット通販事業で協業すると発表した。年内にも東京都内の一部で始める。食品市場の電子商取引(EC)には近年、巨大IT企業が相次いで参入しており、世界最大級のプラットフォーマーも加わって競争が激しくなりそうだ。【宮崎稔樹】

 ライフがアマゾンの有料会員向け通販事業「プライムナウ」に出店。注文を受けたライフの店舗担当者が荷造りし、アマゾンの集荷トラックに預けて顧客に商品を配達する。決済はアマゾンが担当し、注文から最短2時間で商品が届くという。

この記事は有料記事です。

残り876文字(全文1147文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  3. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  4. トランプ氏「感染者が日本から帰国、聞いてない」 高官に当たり散らす 米紙報道

  5. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです