メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

造血幹細胞

のり成分で培養 白血病治療に貢献か 東大チーム

新手法で培養した細胞。粒々の中に造血幹細胞が含まれる=山崎聡東京大特任准教授提供

 赤血球や白血球、血小板の元となる「造血幹細胞」を大量に培養する方法をマウスの細胞実験で見つけたと、東京大の山崎聡特任准教授(幹細胞生物学)らのチームが英科学誌ネイチャーに発表した。細胞分裂を促すが長期の培養は妨げていたたんぱく質の代わりに、市販の液体のりや医薬品のコーティングに使われる樹脂を培養液に加えた。

 人の細胞にも応用できる方法とみられ、白血病など血液の病気に対する移植治療用の細胞の新たな供給手段に…

この記事は有料記事です。

残り319文字(全文524文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  3. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  4. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」
  5. 日韓 自分の物差しで相手をはかるな 「嫌韓」は危険

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです