メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「マリカー」訴訟

知財高裁も賠償責任

 任天堂のゲームキャラクター「マリオ」の衣装と公道用のカートを貸し出し、走っている映像を宣伝に利用したのは不正競争防止法に違反するとして、任天堂が5000万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審で、知財高裁は30日、レンタル会社と代表取締役の賠償責任を認めた。今回は最終的な判決の準備として言い渡される「中…

この記事は有料記事です。

残り224文字(全文374文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. 見知らぬ男に傘で目突かれる 目黒駅前で 男性失明の恐れ 警視庁捜査
  3. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  4. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  5. あなたの参院選 1票の価値はベンツ1台分? あなたの1票をお金に換算

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです