メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サウジで「対イラン」会議開催 サルマン国王、団結呼びかけ

サウジアラビアのサルマン国王=2019年5月30日、AP

 【ジッダ(サウジアラビア西部)篠田航一】米国とイランの対立が深刻化し、中東情勢が緊迫する中、湾岸協力会議(GCC)加盟国などアラブ諸国の緊急会議が30日夜、サウジアラビア西部のイスラム教聖地メッカで開かれた。イランと敵対するサウジのサルマン国王が呼びかけたもので、「イラン接近」を理由にサウジなどが2017年に国交を断絶したカタールのアブドラ首相も出席した。

 会議でサルマン国王は「イランの破壊活動に対する断固とした姿勢の欠如が、我々が今、目にしている状況を…

この記事は有料記事です。

残り405文字(全文635文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  3. 死者50人不明18人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  4. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

  5. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです