メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サウジで「対イラン」会議開催 サルマン国王、団結呼びかけ

サウジアラビアのサルマン国王=2019年5月30日、AP

 【ジッダ(サウジアラビア西部)篠田航一】米国とイランの対立が深刻化し、中東情勢が緊迫する中、湾岸協力会議(GCC)加盟国などアラブ諸国の緊急会議が30日夜、サウジアラビア西部のイスラム教聖地メッカで開かれた。イランと敵対するサウジのサルマン国王が呼びかけたもので、「イラン接近」を理由にサウジなどが2017年に国交を断絶したカタールのアブドラ首相も出席した。

 会議でサルマン国王は「イランの破壊活動に対する断固とした姿勢の欠如が、我々が今、目にしている状況を引き起こした」と述べ、結束してイランの影響力を排除するよう各国に求めた。アラブ諸国の中にはカタールやイラクのようにイランとの関係が良好な国もある。サウジはこうした諸国を改めて「自陣営」に引き込んで団結を呼びかけ、イランを孤立化させる狙いがあるとみられる。

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文635文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「それ誘拐かも?!」愛知県警、投稿者に警告 小中学生の神待ちツイート後絶たず

  2. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  3. クルーズ船の乗客2人死亡 新型コロナ感染確認の80代の男女

  4. ORICON NEWS 『こち亀』日暮熟睡男の特番、AbemaTVで配信決定 4年に1度“目覚める男”再び

  5. 福岡市の60代男性が新型コロナ感染 九州で初確認

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです