サウジで「対イラン」会議開催 サルマン国王、団結呼びかけ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
サウジアラビアのサルマン国王=2019年5月30日、AP
サウジアラビアのサルマン国王=2019年5月30日、AP

 【ジッダ(サウジアラビア西部)篠田航一】米国とイランの対立が深刻化し、中東情勢が緊迫する中、湾岸協力会議(GCC)加盟国などアラブ諸国の緊急会議が30日夜、サウジアラビア西部のイスラム教聖地メッカで開かれた。イランと敵対するサウジのサルマン国王が呼びかけたもので、「イラン接近」を理由にサウジなどが2017年に国交を断絶したカタールのアブドラ首相も出席した。

 会議でサルマン国王は「イランの破壊活動に対する断固とした姿勢の欠如が、我々が今、目にしている状況を引き起こした」と述べ、結束してイランの影響力を排除するよう各国に求めた。アラブ諸国の中にはカタールやイラクのようにイランとの関係が良好な国もある。サウジはこうした諸国を改めて「自陣営」に引き込んで団結を呼びかけ、イランを孤立化させる狙いがあるとみられる。

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文635文字)

あわせて読みたい

注目の特集