メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「先読みが必要」 新人たちが見た17回目の被災地支援チャリティーカレー

第17回東京グランメゾン チャリティーカレーに参加した田中敏喜さん(左)と古田湧誠さん=東京都千代田区のアピシウスで2019年5月26日、米田堅持撮影

 東京都内の老舗フレンチ店がオリジナルのカレーを提供し、災害被災地を支援するイベント「東京グランメゾン チャリティーカレー」が26日開かれた。予約券は、銀座レカン(中央区)、アピシウス(千代田区)、シェ・イノ(中央区)の3店とも午前中早々になくなり、用意された合計1300食は完売した。500食を提供したアピシウスの新人スタッフ2人に話を聞いた。【米田堅持】

 チャリティーカレーは、東日本大震災の被災地支援のために2011年5月から始まり、今回で17回目で。毎年春と秋の2回行われ、その後は熊本地震や西日本豪雨、北海道地震への支援を行ってきた。ドレスコードや年齢制限がなく、子ども連れでも、1食1000円で気軽に高級店の味を楽しめることもあり、予約券配布でも行列ができることもある人気イベントでもある。

この記事は有料記事です。

残り618文字(全文969文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  2. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  3. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  4. 園児20人、保育士2人感染 東京・文京区の保育園 22日まで臨時休園

  5. 冷たい濁流に体力奪われ、姉らと抱き合い5時間…力尽く 熊本・芦北の酒井さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです