シャンシャン 20年末に中国返還 貸与期限を1年半延長

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東京都は31日、上野動物園(台東区)で生まれ、6月12日で満2歳を迎える雌のジャイアントパンダ「シャンシャン」を2020年12月31日までに返還すると発表した。都は所有権を持つ中国側と2歳で返還する協定を結んでいたが、延長される形になった。

 シャンシャンは、11年に中国からの貸与で来園した父リーリーと母シンシンの間に自然交配で生まれた。パンダの子どもは中国側に所有権があり、満2歳で返還する取…

この記事は有料記事です。

残り299文字(全文497文字)

あわせて読みたい

注目の特集