メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

DV被害者支援 民間シェルター8割が資金不足 政府調査

 内閣府は31日、DV被害者を支援するシェルターなど民間施設95カ所が対象のアンケート結果を発表した。問題・課題を複数回答で尋ねると8割超の81施設が「財政的問題」を挙げ、「施設・設備の問題」と「スタッフの不足」を挙げたのもそれぞれ80施設に上った。「熱意だけでの運営に限界が来ている」「長年蓄積したノウハウが失われてしまう」との声も寄せられた。

 調査は今年2月に行った。常勤職員がいない施設は35施設。14施設はボランティアのみで運営されていた。1施設あたりの平均職員数は常勤2.0人、非常勤4.0人、ボランティア5.3人。

この記事は有料記事です。

残り210文字(全文473文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2カプセルを回収 地球帰還、豪砂漠に着地 JAXA発表

  2. はやぶさ2、カプセル地球帰還 大気圏突入、豪に着地 JAXA回収へ

  3. はやぶさ2が地球に持ち帰る「お宝」 回収のシナリオとは

  4. 米大統領選「不正ある」 トランプ氏勝利を叫ぶ日本人識者たちの論理

  5. はやぶさ2、ISSからも撮影 野口聡一さんも観測「永遠なれ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです