メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

仏エッフェル塔からワイヤーで大滑空、最高速度は90キロ

 開業130周年を迎えたパリのエッフェル塔で、ワイヤーロープの滑車につかまって800メートルを滑空する無料アトラクションが始まった。6月2日までの期間限定で、スリルを求める人々に、上空からパリを見る「一生に一度」の機会を提供している。28日撮影(2019年 ロイター/Charles Platiau)

[PR]

 [29日 ロイター] - 開業130周年を迎えたパリのエッフェル塔で、ワイヤーロープの滑車につかまって800メートルを滑空する無料アトラクションが始まった。6月2日までの期間限定で、スリルを求める人々に、上空からパリを見る「一生に一度」の機会を提供している。

 115メートルの高さにある展望台からスタートし、エコール・ミリテール(旧陸軍士官学校)までの空の旅。参加者260人は、ソーシャルメディアの抽選で選ばれた。

 コースの高低差は約100メートル。所要時間は1分で、最高時速は90キロメートルに達するという。

 テニスの全仏オープンのスポンサーであるペリエが、大会期間中に設置したもの。2017年に初めてこのアトラクションを設けたところ、リクエストが多く寄せられたといい、今回の再登場となった。

 エッフェル塔は1889年の開業以来、毎年約700万人、合計約3億人が訪れた。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 警視庁 留置されている男が感染 新型コロナ

  2. 和太鼓演奏グループ「DRUM TAO」メンバー感染 クラスター発生か

  3. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  4. 新型コロナ 名古屋、往来ひっそり 愛知、緊急事態宣言対象外

  5. 「歌舞伎町のホスト、名古屋への出張営業」 情報拡散 店が愛知県知事に釈明し謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです