連載

世界の雑記帳

ロイター通信から、「へぇ~」と思わず声を上げそうな海外のニュースをお届けします。随時更新。

連載一覧

世界の雑記帳

ウフィッツィ美術館、16・17世紀の作品集めた展示室を開設

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
 イタリアのウフィッツィ美術館は、1年余りに及んだ改装作業が終了し、16・17世紀の画家の作品を集めた14の展示室を新たに開設した。
写真はティティアーノの「ウルビーノのヴィーナス」と、同美術館のアイケ・シュミット館長。28日撮影、提供写真。Opera Laboratori Fiorentini(2019年 ロイター) 拡大
 イタリアのウフィッツィ美術館は、1年余りに及んだ改装作業が終了し、16・17世紀の画家の作品を集めた14の展示室を新たに開設した。 写真はティティアーノの「ウルビーノのヴィーナス」と、同美術館のアイケ・シュミット館長。28日撮影、提供写真。Opera Laboratori Fiorentini(2019年 ロイター)

 [フィレンツェ 30日 ロイター] - イタリアのウフィッツィ美術館は、1年余りに及んだ改装作業が終了し、16・17世紀の画家の作品を集めた14の展示室を新たに開設した。

 広さ1100平方メートルにおよぶ展示室では、ティティアーノの「ウルビーノのヴィーナス」やフェデリコ・バロッチの「民衆の聖母」など、フィレンツェ派とベネツィア派の作品105点を展示する。これらの作品の3分の1は過去数年は公開されていなかった。

 同美術館のアイケ・シュミット館長は、「これらの偉大な作品が再び公開される。美術館内に新たな美術館がオープンしたようなもの」と話す。

 民間の寄付などでまかなった改装費用は総額70万ユーロ(約8485万円)に上った。

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集