メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読む写真

Photo 都市に跳ぶ

巨大なランプでスケートボードを楽しむ人。奥は東京スカイツリー=東京都足立区で2019年5月19日、佐々木順一撮影

 ローラーの擦れる音を残して高さ約4メートルのランプと呼ばれる競技台から、東京スカイツリーを越えるように跳びはねる若者たち。スケートボードが2020年東京五輪で初採用され、自転車BMXやインラインスケートなど都市型スポーツを楽しめるスケートパークが人気だ。プロ選手も利用するムラサキパーク東京(東京都足立区)は週末、練習に励む子供たちでにぎわう。

 日本ローラースポーツ連盟によると、国内のスケートボード愛好者は約40万人。1960年代以降、国内で…

この記事は有料記事です。

残り370文字(全文593文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番で警官刺され拳銃奪われる 男が逃走 大阪・吹田市
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 暴言 女性教諭、児童に「ぶち殺す」 「アホ」「バカ」も
  4. 札幌女児衰弱死 猫13匹を母親宅で保護 交際相手宅でも8匹 ガリガリに痩せ数匹治療中 保護団体
  5. 暴言 支援学級担任が「色気付きやがって」 生徒不登校に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです