メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読む写真

Photo 都市に跳ぶ

巨大なランプでスケートボードを楽しむ人。奥は東京スカイツリー=東京都足立区で2019年5月19日、佐々木順一撮影

 ローラーの擦れる音を残して高さ約4メートルのランプと呼ばれる競技台から、東京スカイツリーを越えるように跳びはねる若者たち。スケートボードが2020年東京五輪で初採用され、自転車BMXやインラインスケートなど都市型スポーツを楽しめるスケートパークが人気だ。プロ選手も利用するムラサキパーク東京(東京都足立区)は週末、練習に励む子供たちでにぎわう。

 日本ローラースポーツ連盟によると、国内のスケートボード愛好者は約40万人。1960年代以降、国内で…

この記事は有料記事です。

残り370文字(全文593文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

  2. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  3. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  4. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

  5. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです