メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
鶴岡市

売電事業暗雲 ごみ焼却施設の余熱利用 電力会社「送電線空きない」 年1.8億円減収に /山形

 鶴岡市が2021年の完成を目指すごみ焼却施設で計画している余熱利用の売電事業が、「送電線に空き容量がない」との理由で電力会社から接続を断られ、売電収入の見通しが年間1億8000万円の減収となることが31日、分かった。再生可能エネルギーが送電線の容量不足により新規参入できない問題は各地で起きているが、県内自治体にも初めて及んだ格好。皆川治市長は「電力会社と協議しながら今後の対応を検討していきたい」としている。【長南里香】

 同市宝田の現施設の老朽化に伴い、同じ敷地内で昨年12月に着工し、建設が進められており、三川町からも…

この記事は有料記事です。

残り467文字(全文729文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 稲垣吾郎「今が一番充実してる」 目標問われ「テレビのお仕事も…」

  2. 高校野球 星稜の山瀬主将、履正社・野口との約束が実現「『決勝でやろうな』と話していた」

  3. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  4. 投打で圧倒、星稜24年ぶり決勝に名乗り 奥川10K 中京学院大中京、二塁踏めず

  5. G20会場近くに煙玉 元大阪府警巡査部長を偽計業務妨害容疑で逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです