メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鶴岡市

売電事業暗雲 ごみ焼却施設の余熱利用 電力会社「送電線空きない」 年1.8億円減収に /山形

 鶴岡市が2021年の完成を目指すごみ焼却施設で計画している余熱利用の売電事業が、「送電線に空き容量がない」との理由で電力会社から接続を断られ、売電収入の見通しが年間1億8000万円の減収となることが31日、分かった。再生可能エネルギーが送電線の容量不足により新規参入できない問題は各地で起きているが、県内自治体にも初めて及んだ格好。皆川治市長は「電力会社と協議しながら今後の対応を検討していきたい」としている。【長南里香】

 同市宝田の現施設の老朽化に伴い、同じ敷地内で昨年12月に着工し、建設が進められており、三川町からも…

この記事は有料記事です。

残り467文字(全文729文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 生理で体育見学の女子生徒に口頭で理由報告させる 滋賀の県立高
  2. 「巡査、強靱な体力で順調に回復」と府警本部長 拳銃強奪
  3. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
  4. 逃走 実刑の男、刃物持ち 地検収容時、車で 110番2時間後 神奈川
  5. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです