メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

常見さん写真展

文化交流テーマ 国際色豊かな太田、感じて /群馬

太田市内の外国人住民の生活を写した常見さんの写真が並ぶ会場=群馬県太田市東本町の太田市美術館・図書館で

 人口の約5%に当たる約1万1000人の外国人が居住する太田市で、文化交流をテーマにした写真展が開かれている。同市出身の写真家、常見藤代さんが市内の外国人住民の生活や仕事に密着して撮影した写真で、国際色豊かな街の一面を垣間見ることができる。

 会場は市美術館・図書館(太田市東本町)。言葉の壁もあり、日本人と外国人の間で、頻繁な交流が図られているとは言えず、視覚で伝わる写真で文化交流促進を図ろうと同館が企画した。

 普段、アジアやアフリカのイスラム社会をテーマに撮影している常見さん。写真展では市内で撮影した新作36点を展示。工場で働くフィリピン人技能実習生や弓道に打ち込むアメリカ人、食事を楽しむ中国人など、日本の文化に触れながら出身国の文化とともに生活する外国人住民のいきいきとした表情を写した。

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文610文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

  2. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  3. 藤田医科大岡崎医療センター クルーズ船陽性受け入れ 開院前で感染不安なく

  4. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  5. 「桜」前夜祭でANAホテルは明細書を発行したのか 首相答弁の「矛盾点」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです