メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

富士山

山頂で崩落 登山道塞ぎ、復旧工事へ 山開きに登れない可能性も /山梨

石積みが崩れ、登山道を塞いでいる富士山山頂付近=山梨県提供(昨年秋撮影)

 富士山山頂付近の登山道脇の石積みが崩れ登山道を塞いでいることから、県は6月中旬に現地調査し復旧工事を開始する。工事が遅れた場合、7月1日の山開きと同時に山頂に登れない可能性もあるが、県は「登山者が多く通過する地点なので安全を最優先したい」としている。

 県世界遺産富士山課によると、崩落しているのは山頂直下の久須志神社付近の溶岩などの石積みで、幅約2メートルの登山道を覆うように崩れ落ち、通行ができない状態になっている。吉田口と須走口の両登山道の合流先に…

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文568文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 首相が「桜」と「日本で最も高いと言われるおすし屋さん」の関係にこだわる理由

  4. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

  5. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです