メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中村文則さん=名古屋市中村区で、木葉健二撮影

 参院選が近づいてきたが、思い出すのは2年前の衆院選である。

 小池百合子氏(東京都知事)と前原誠司氏(衆院議員)が「希望の党」なる不思議な党を結成し、結果的に野党を分断し候補者を乱立させ、見事に与党をアシストしてみせた。彼らが動かなければ、実は野党が有利だったとあの時の数字で出ている。さて今回は、野党の誰が与党をアシストするだろう。有権者が混乱するので、そうならないのを願う。

 与野党が拮抗(きっこう)し、互いに切磋琢磨(せっさたくま)しないと政治は良くならない。だから野党の…

この記事は有料記事です。

残り1445文字(全文1684文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  2. 特集ワイド 「れいわ新選組」旗揚げ2カ月、寄付金2億円突破 「ポピュリストで結構」 消費税廃止、野党に亀裂も
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです