メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

個展

コウノトリ、自分色に描く 画家・恵後原さん 豊岡・5日まで /兵庫

油絵「こうのとり賛歌」を小さい版画にした作品を説明する恵後原好一さん=兵庫県豊岡市妙楽寺の県立但馬文教府で、村瀬達男撮影

 但馬空港のロビーに油絵「こうのとり賛歌」(100号)を展示する画家、恵後原(えごはら)好一さん(82)=豊岡市森本=の個展「令和元年幸せ運ぶコウノトリ 豊岡から世界へ」が31日、同市妙楽寺の県立但馬文教府のギャラリーで始まった。5日まで。入場無料。【村瀬達男】

 恵後原さんは1969年に全国勤労者美術展で都知事賞を受賞。90年の第16回カナダ国際美術展で優秀賞を受け、昨年11月…

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文475文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  3. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです